www.kapakahimusic.com
為替の介入という言葉をご存知でしょうか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌、テレビ、グーグルなどの報道で見られたみなさんもたくさんいるでしょう。為替介入(外国為替平衡操作)というと我が国においては、◯財務大臣が為替の安定化を保つように施行する戦略ということで考えられています。わかりやすく言えば、かなりの円高または円安の時に財務大臣の命令のもとに中央銀行である日銀が円を売り買いすることで為替レートを安定化させるというものです。為替の介入には方法が何通りかあるのです。1.単独介入・・・行政・日銀が、東京での市場で直接市場に加わり外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議のうえで各々の銀行などが持ち金を使いみんなそろってもしくは小出しに外国為替市場介入(為替介入)を行なう。3.委託介入・・・他の国の通貨当局に対して為替介入(外国為替市場介入)を委任する。4.逆委託介入・・・日銀が国外の銀行などに代わり外国為替平衡操作(為替介入)をする。以上のような種類です。どの外国為替市場介入(為替介入)も一時的、継続して為替市場に大きな影響力を与えるのです。外国為替市場介入(為替介入)の資金はさすがに自分の国の面子をかけているだけに段違いなのです。円を元にして説明すると、普段は少しだけ変化している相場がかなり動きをします。投資家の方であれば一回は経験したことがあると思うのですがそれまで上手に含み資産(あるいは損失)が多くなっているポジションを持ち続けていたのに、その持ち高が決済となりましたという情報がFXの業者よりメールが来ました。どれほど儲かったのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済後の通達を見ると自分の中で予測していた状況とはまったく反対の事で驚いたということがよくありました。為替介入が実施された際によく起こることです。こういったことから為替介入を行うと市場の流れと正反対の動きをします。まして変動する金の大きさは大きく変動するため用心しましょう。