変わりがないと言えるでしょう

*** PR ***

  • 便利に利用することができるキャッシングですけれども、失念してはいけません、クレジットカード会社というものは利益を上げるために利率を設定しているということです。

    相手はカード会社なのですから当然ですが借金の利息というのはかなり高くなっています。

    グレーゾーンに位置する利息が使われていた時代には29.20%などといった、ものすごい高い利息で申込させられていたのです。

    そしてその頃は総量規制がありませんでしたから、恐ろしい勢いで口座作成していたというわけなのです。

    当然ながら、返済不能な人を作り出してしまい、バンザイする方が急増したのです。

    そして総量規制により結局は業者自らの首を絞めるようなことになってしまったのです。

    それはそうとして、今では利息は大分低い金利になったのですが、それでも住宅ローンなんかと比べて高い位置にあることには変わりがないと言えるでしょう。

    借り入れる元本が少ないならそう重圧にはならないかもしれませんが、大きい金額のキャッシングをした場合、金額によって支払い期間も長くなりますので利息として払う総額も結構な額となります。

    実際、シミュレータで算定してみると全体では相当な額を払っていることが浮き彫りになると思います。

    このようなことを当然のように受け止めるかあるいは無駄なことであると思うのかは人によりますが、私でしたらこれくらいの金額があったらいろんな物を買えるのになと思ってしまいます。

    これだけの利子を支払いたくはないというような方はできるだけ支払月数を減らすようにします。

    ほんのわずかの額でも多く引き落しをしておくようにすると、引き落し月数を短縮することもできます。

    全く必然性もなくキャッシングする方はいません。

    どうしても必然性があって仕方なくキャッシングすることになるので、後は支払いを少しでも繰り上げる忍耐力が必要です。

    さらにもっと余裕があるようなときには繰り上げ支払って、早期完済をしなければならないのです。