結構低いレベルだ」もしく

*** PR ***

  • ようやく仕かける時という局面では、一番に事前調査を横着してはいけません。http://tintin-movie.jp/

    相場に入る前であるならば相場を合理的に見つめる事のできる余裕がある。

    だがしかし、いったん相場の内側へ入ってしまうとどう試みても受け取り方が独りよがりになる事が多く、往々にして適切な判断を下せなくなる恐れが生じる。

    だから自らの頭の中が論理的な段階でしっかりと準備を進めておくことが不可欠です。

    ”準備”のためには、何はともあれ筋書きを作る事から開始します。

    これからの市場は上がる(または下がる)からこの通貨を買う(あるいは売る)みたいな、自分のシナリオを立てていくのだ。

    次に重要なのは時間足チャートをチェックする事です。

    それまでの為替相場の上下動を確認して、現時点の位置を確かめます。

    そうすると、「現時点では結構低いレベルだ」もしくは「もはやたくさんの方が勝負している今さら自分か売買してももうやりようがない」ということが理解できます。

    当たり前ですが取引するのがなすすべがないと思っていたら、そこのところはあきらめることか必要です。

    自分のシナリオを押し通そうとして吹っ切らずにトレードすると相場に押し返されてしまい、それどころか損することになる危険があります。

    もっとも大体の場合、事前に準備している自分なりの脚本を考えておけば、買い(または売り)が手遅れというケースにはならないと思います。

    おそらく、現実に外国為替相場が変化する前の状態のはずだからです。

    次は、とりあえずはあなたがエントリーしようとする通貨ペアの推移をきちっと確認する事が不可欠です。

    もし、円安になると推測するシナリオを作成したのであればその通貨の変化に注意を払っておきます。

    マーケットの上下動を注視し始めたときでは、変化する雰囲気を見せず上がったり下がったりわずかな上げ下げを繰り返しているだけでしょう。

    でも、その変化をきちんとチェックしているとある場面でじりじりと円安の方向へと変動し始めます。

    このタイミングで初めて、ドル買いのエントリーします。

    これだけ緻密に事前の準備をやっておけば、そのトレードで儲ける可能性は高くなるはずです。