www.kapakahimusic.com
クルマに乗っている人でしたらご存知だとは思いますが、自動車税という税金を支払う義務があります。そして自動車税は、査定に出す所有車買取時に一般に還付されるお金なのです。こうしたことは実際、やってみたらすぐ頭に入ってきますがこれからはじめから順に分かりやすく説明することにしましょう。事前に記載させて頂けば、国産で生産されている自動車のみが対象ではなく外国の車も戻ってくる範囲になります。もちろん愛車についてもそうです。自動車を持つ人が支払うものですがそれぞれの排気量の大小によって規定されています。1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッターの場合34500円です。これからは500ccごとに5000円増えていきます。それからこれは4月1日現在のの所有者が、その年度のお金を納めるように定められています。つまりは先払いということなので、当然ですが車を売却して所有権を手放した際では前払いした分の税は返還されるということです。自動車税の場合は事前納付で以後一年分の全額を納めますので、その年度内に自動車を買い取ってもらった場合は入れ替わった所有者が自動車税を支払わなければいけないということになります。売却相手が専門店ならば買い取り時に前払いしている分の税額を返金してもらえます。まとめると所有権が移転された際以後の税額は、新たな所有権を持った人が支払い義務を負います。もしもあなたが10月のうちにクルマを手放した際は、11月以降翌年3月中までの自動車税は還ってくるのです。というのも、前も述べた通り自動車税という税金は先払いであるという事実からも明らかです。つまりあなたは売却先に税を返金してもらうということになります。個人でクルマを手放す場合、意外とこのような大事な事実に気付かない方がいますので確かめるようにしなければなりません。自動車税がクルマの売却で戻ってくるという知識を意外に知っている人が少ない事を利用して、その事実を悪用している買取業者もあるのです。こちらから自動車税に関して言わなければ全く返金のことについて触れないという場面も頻繁に見受けられます。なので車の買い取りを依頼する時には、払いすぎたお金が返ってくるか否かを聞くことを忘れないようにしなければなりません。