また任意保険を中途解約した後は

*** PR ***

  • 簡単に説明をすれば任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは違って、自賠責保険では補えない補償を受ける必要性の高い保険といえます。

    これは任意の保険。

    自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで機能しますので自賠責保険の支払いの限界を上回ったときに働きます。

    また、自賠責保険には物に対する損害に対しては補償を受けることができないので、それを補う時にはさらに任意保険にも入るのがいいと思います。

    今現在任意保険の保険料を支払っている車を売却する時は、国産メーカーの車でも外車というようなことは関係なく残っているお金が還付されます。

    日本の自動車を査定に出す場合でも同じです。

    自賠責保険の場合は、通常加入したままでいるのが常識ですが任意保険の場合、全ての人が入る保険ではありませんので中途解約をすることになります。

    また任意保険を中途解約した後は、現時点で 支払い済みの残っているお金が返金されることになります。

    クルマの売買が成立した場合でも即任意保険をキャンセルするというのはリスキーです。

    当たり前ですが、すぐさま中途解約すればその分返ってくる保険料は増加しますが、もしかしたら中古車店が離れた場所にあり自ら運んで行くということになった場合には、任意保険なしで車の運転をするはめになります。

    リスクを考慮して万が一にも今後自ら自動車の運転をすることはない状況になるまでは任意保険の契約の解除の手続きはすることがないようにする必要があります。

    中古車を引き取ってもらって、即違う車両に買い換える場合であれば構わないと思いますがもしずっと車に乗らない状態が継続して任意保険に加入している意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない時間が存在すると、前に継続していた等級が下がってしまい、任意保険の保険料が上がることがあります。

    このような状況であれば「中断証明書」を提示してもらうようにしなくてはいけません。

    この「中断証明書」があれば10年までは無保険になる前の任意保険の等級を引き継いで加入することが可能です。

    それから、13ヶ月以内は発行することができますから、すでにクルマを売却していて、「中断証明書」を出されてもらっていない状況であれば代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。

    もしもあなたが新しく車を買うことになって購入した後に前に持っていた自動車を引き取りしてもらうのでしたら任意保険の契約はどちらか一方のみです。

    保険の切り替えという対応になるので乗る必要がある愛車の場合、引き取りまで注意しなければなりません。

    そして任意保険という保険は自動車車両で保険料がかなり変化してきますから、愛車売却の際は任意保険の内容を振り返る良いタイミングといえます。