日弁連交通事故相談センターから明示されている表等が目安として用いられています

*** PR ***

  • 交通事故は、自分だけの自損事故と他者を巻き込む事故があります。債務整理 相談

    自損事故の場面では自分自身だけで事故の対応をすれば終了しますが他者に迷惑をかけた自動車事故はお互いにどれだけの不注意があるのかを確かめて、この状況によってマイカーの修理の費用や和解金の額等が決定されるので自動車保険会社の有識者にも参加してもらい交渉が必要不可欠です。

    大多数の車での事故の場合相手だけでなく自分にもいくらかの間違いがある状況が大部分で一方だけの手落ちだという時はほとんどないようです。

    当然信号が赤でも進んでしまったり一時停止で止まらなかったなどの交通違反によって起きた事故はとても大きなミスになりますが、被害を受けた方にも責任があると言われます。

    車の事故の状況ではどのドライバーの責任が原因で起こったかという判断が大事になるのでこの判断を分かりやすく表現したものが「過失割合」(過失割合)と呼ばれるものです。

    前述した赤信号無視や一時停止でもそのまま進んだ場合では、道路交通法であれば事故を起こした人に全部の責任があるように思いますが、この場面でその自動車が対面から来ていて正面を見て確認できる場面だとすれば被害者だったとしても注意不足であったとして10%程度の責任が指摘される状況もあります。

    この条件では事故を起こした相手が9割自分が1割過失割合となってしまい数字が大きな側に大きな間違いが問われる状況になります。

    さらにこの過失割合は前の事故の判例を参考にして判断されることが場合が多数あり、日弁連交通事故相談センターから明示されている表等が目安として用いられています。

    この過失割合で、数字が大きければ大きいほど過失、言い換えると賠償額も大きくなるので、交渉は本人達だけでなく車の保険の担当の人を交えて冷静に話すことが重要です。