高くなると思える人が多いかもしれませんがそういったこと

*** PR ***

  • 自動車の買取金額を少しでも上乗せするのに、、中古車を売却する時期、タイミングというのも大事なポイントです。

    乗り換えを検討している愛車を多少でも損をすることなく売ることを思いめぐらせれば、、ポイントがあるんです。

    車の見積査定の留意点として重視されるものに走行距離があります。

    少なからず走行距離というのは車の耐用年数とされるケースもありますので走行距離というのは長い分だけ、売却額査定の際にはマイナス面になります。

    走行距離が500キロと8万キロでは当然、査定対象車の価格は評価がことなります。

    走行距離だけで見れば少ない方が見積額は増えますが実はほとんど突っ込んだ線引きは存在しなく、定められた目安で査定されます。

    例えば普通車ですと年間で10000kmが基準として10000km以上だとたいていマイナス査定となります。

    軽自動車では年間で8千キロがまた年式が古いのに走行距離が少ないという場合でも買取額が高額になるとは限りません。

    通常は年式や走行距離に関しての買取査定の要点は保有年数と比べて程よい走行距離になっているかということです。

    中古車も例外ではありませんね。

    次に愛車の年式なども、車売却額査定の注意点です。

    きっちり分かっているんだというかたも多いだと思いますが、基本的には年式は新しい方が買取査定では高評価が出やすいのですが例外としてそのシリーズに特別な価値があるブランドは古い年式の場合でもプラスに査定してもらえるケースがあります。

    また、車検です。

    周知の通り車検というものは費用が必要ですので車検が必要になるまでの期間が大きいほど売却額は高くなると思える人が多いかもしれませんがそういったことはなく、実際は車検の前でも後でも自動車の売却額査定にはあまり関係がありません。

    外国の車、電気自動車、不動車、というような自家用車のタイプも見積額に影響してきます。

    車検のタイミングは売却を考える時期としてはいいタイミングということになります。

    反対に査定を上げるために車検直後に売却額査定してもらおうというのは車検代が勿体無く、査定に響かないということになります。

    その他に業者に自家用車の依頼をして、売却するタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。

    というのも、車買取業者の期末がその前の3月と9月というところが結構多いからです。

    そのため、例えば1月に売ろうとしたら少し待って2月に査定を頼んで売却するのも良いと思います。

    自らの事情もあると思いますので、誰もがこのようなタイミングで買い取ってもらうなどというわけにもいかないかもしれませんが、可能ならばこうした時期を狙ってみると良い結果になりやすいと思います。