事故やマイカーの壊れた箇所の写真を残しておきます

*** PR ***

  • 思いつきもせず突然遭遇するのが自動車事故です。即日の浮気調査

    この状況でどのように処理したかにより自動車保険金の受け取り額も大きく変わってくる時も予測できますので落ち着いた考えと行動が求められます。

    考えていないケースに慌ててしまうと大切な事を見失ってしまい後で自らが大きな損をしてしまう場合もありえるので乗用車の事故をしてしまった時には以下に述べる行動するようにするとよいでしょう。

    事故をした場合に最も初めにする事は重軽傷者がいるかどうかの確認です。

    乗用車の事故の後すぐは動揺してショック状態になってしまう状況がありすぐには行動を起こせないのが一般的です。

    ですから、負傷した方がいたとしたら危険ではない地点に移動して応急な手当をして救急車を呼ぶ等救助最優先に努めることが大切です。

    119番に電話をする状況では的確な位置を告げて、不確かな場面では周囲の目に留まったお店や番地名を伝えて事故現場の位置が分かってもらえるようにします。

    その後で警察に知らせて自動車事故があった旨そして簡単に状況を告げます。

    救急車と警察の到着を待っている時間に相手の身元をチェックします。

    名前、住所、TEL番車のプレート相手側の保険会社のような各々の身元をやり取りします。

    この時に事故の相手方に原因が存在する状況ではその場でやり取りしようとする場合が考えられますが現場でうやむやにするのではなくどういった状態であっても110番や自動車保険の会社に届けジャッジしてもらう事が欠かせません。

    互いの情報を教えあったら他の人の妨げにならないために障害になる物を道路から取り除きます。

    万が一被害が他の人の交通の障害物になっている場合には相手と自分の情報を交換するより先にその対応を完了させても問題はないです。

    自身がお金を払っている自動車保険の会社に電話を入れ、自動車での事故を起こしてしまった事を報告します。

    車での事故から特定時間内で保険会社に連絡しておかないと保険の適用外に状況も想定されるので時間が出来たら時をおかずに行動することが大切です。

    さらに事故内容の形跡としてコンパクトカメラや携帯のカメラで事故やマイカーの壊れた箇所の写真を残しておきます。

    その写真は過失割合を決める時に大きな証拠とできるので、自分自身の愛車や相手の愛車の状態をしっかりと証拠に残しておくことが大切です。

    この場面で近くに人がいればおまわりさんや保険会社の人が着くまでその場所にそのまま待機してもらえるように求めることも必要不可欠です。